いのち輝く明日のために 健康づくり 仲間づくり まちづくり みんなでつくる みんなの安心

シンボルマーク きらり健康生活協同組合

○○ってどんな仕事?

介護福祉士

だれもが、何らかの事情で、たとえばケガや病気、加齢による体力の低下などで今の生活を続けることが大変になることがあります。そんなときでも自分の希望する生活を続けることができるよう、さまざまな専門職がみなさんと相談しながら支援をします。介護福祉士もその一員です。

介護福祉士とは…?

介護福祉士とは、昭和62年に介護の専門家として、制度化された国家資格です。日常生活行動、たとえば食事、排泄などの行動に支障のある人に対して、その人が望んだ生活を続けていくための支援をおこないます。

具体的には

生活の支援ということで、さまざまな場面でみなさんと関わらせて頂いています。

私は通所リハビリの職員なので、利用者の方に通所リハビリの参加を通して、歩行やトイレ、食事などの日常の生活で行っている動作時に、その方の身体にあった動きの練習をして項いています。また、自宅でもできる体操、グループ活動での歌や踊り、小物つくりなどの活動をとおして、活気ある生活のきっかけつくりをさせて頂いています。他にも送迎や訪問の機会に、在宅生活での困りごとがあれば、その方と一緒に問題解決に取り組ませて項いています。

▲利用者の方の作品です。楽しみながらリハビリします。

他の専門家とも

生活全般でみなさまと関わらせて項く上で、他の専門職の方との連携、協力はとても重要です。

病気のことなら、主治医や看護師などの医療関係者と、複雑な動きやその方に合った適切な動きやリハビリについては、作業療法士や理学療法士、また、他のサービスとの連携や私たちだけでは不十分な在宅生活への支援については、ケアマネージャーや訪問介護の方、といったようにさまざまな専門職の方と一緒に支援しています。

心がけている点

私には私の生き方があるように、人はそれまでの経験や習慣、価値観によって、一人ひとりどう暮らしたいか、思いはさまざまです。

自分の価値観ではなくその人の思いをくみ取り、その思いを尊重しながらの支援ができる介護福祉士でありたいです。

こんなときはぜひ

  • うちのばあちゃん、ベッドから起こすの大変なんだけど…
  • 食べたり、飲んだりしたとき、よくむせちゃうから苦しいよ
  • おふろで滑ってから、入るのが恐くて…
  • 車椅子を玄関の上がり框にあげるのが一苦労
  • お茶のみ友達もめっきり減ってなんだかボーとすることが多い

empty

など、些細なことでも結構です。
介護福祉士は、あけぼのホームヘルプサービスなどの訪問介護、デイケアやデイサーピス、老人保健施設にじのまちなどさまざまな場所に勤務しています。どうぞお気軽にご相談下さい。

前ページへ戻る ページ先頭へ戻る トップページへ戻る
お役立ち情報
○○ってどんな仕事?
information